スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

きんつばと招き猫

2012/03/06 Tue 18:14

その後、午後からは アメリカで一緒だった友人に再会することができました
雷門前で待ち合わせ
DSCF3145.jpg 変わらず元気そうです

ぷらぷらと浅草の仲見世を歩きつつ
お土産を買うのにお付き合いいただいたりして
そのまま少~し離れたところまで散歩に付き合わせちゃいました

途中、町の人形屋さんでしょうか
手作りなのかなぁ… お雛様が
DSCF3429.jpg DSCF3156.jpg
良い風景です

お目当てのひとつはこちらのお店
裏浅草 と言われる場所の住宅街の中にある
きんつばが看板商品の 徳太樓 です。
DSCF3430.jpg DSCF3487.jpg

行く前にネットで“浅草 和菓子”で検索をして
他の人のブログなどで評判が良さそうなお店だったのでチェックして行ったのですが
こちらも創業は明治36年だとか 老舗ですね

きんつば2個
自宅まで持ち帰り この4日後(?)に相方さんと一緒にいただきましたが

美味しい

甘さ控えめであっさりしているのに
小豆ぎっしり&ごろごろ感があって、味わい深い

こちらもリピートしたいお店でございました
(もう行けないと思うけど

***

その後、さらに北へ てくてく&てくてく
こちらは甘味じゃないお目当てスポット

今戸神社 です。
DSCF3431.jpg DSCF3432.jpg
こちらも住宅街にある小さな神社。

なぜこの神社か…

それは、この神社が“招き猫発祥の地”という情報をGETしたから
あみ蔵、“発祥”というキーワードに弱いのです

この神社…
創建は1063年、源義家が戦の勝利を祈願したり
江戸時代には徳川家光が再建を行ったりと由緒正しい神社です。
DSCF3433.jpg
七福神のおひとり
福禄寿:
福(幸福)と禄(生活・経済の安定)と寿(健康にして長命)の
三つの福徳を授ける福の神
 が祀られている神社でもあるのです。

DSCF3434.jpg
招き猫発祥の地と言われる由縁は
ここ今戸の地で 十六世紀から焼かれていた今戸焼が始まりだとか
浅草に住むある老婆が、貧しさから愛猫を手放したところ
その猫が夢に出て来て言うことが
“自分の姿を人形にしたら必ずや福徳を授かる”と。

そこで老婆が人形を作り、
浅草寺の参道で売り出してみたら大評判だった…というわけです

現在の神主さんは女性でして。
この日境内にはそのお母様がいらっしゃり
売店でお守りなどを売られておりましたが…
なかなか強烈なキャラでございました

こじんまりとした神社でしたけれど
ご利益がありそうな予感

お参り出来て良かったです

☆ 徳太樓 ☆
東京都台東区浅草3-36-2
TEL:03-3874-4073
http://www.tokutarou.net/

☆ 今戸神社 ☆
東京都台東区今戸1-5-22
TEL:03-3872-2703
http://members2.jcom.home.ne.jp/imadojinja/T1.htm
スポンサーサイト
2012 東京さんぽ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。