スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

戌の日 と うな明

2012/01/27 Fri 10:24

戌の日の安産祈願に 北海道神宮へ

厳密には5カ月に入った最初の戌の日のようですが
相方さんと日程が合わなかったこともあり
すべりこみで最後の戌の日に

まだ1月とは言え 平日だったこともあり
同じ回にお祓い希望者は5組。

北海道神宮は 特別安産の神様ではありませんから
安産祈願も他の人と同じで 
当日申し込みをしたら順番にまとめてお祓いしていただく流れです。

ただ、安産祈願は我が家だけだったので
連名になることもなく、まさに我が家のために祈ってもらえた感じ

隣で相方さんが なぜか何度も頷いておりました

神宮は、腹帯を持参しなくとも
撤下(おさがり)の中にさらし帯が入っています。
DSCF2644.jpg これで気持ちスッキリ

さて、その後はてくてく歩いて
円山のうなぎ屋さん『うな明』
DSCF2648.jpg

じつはあみ蔵
「出産までにしたい/行きたい いくつかのこと/場所」リストを作っておりまして。
“うなぎ屋さん”はそのうちのひとつです。

これから向こう数年(10年!?)
赤ちゃんどころか子連れでは行けないところ…だから

最後に スーパーの鰻ではなく
ちゃんとした鰻を食べておきたかった

こちらが お昼メニューの中で 一番小ぶりな鰻を使用した「梅」
2,100円也…だったかな。
DSCF2647.jpg DSCF2646.jpg
お漬物と肝のお吸い物が付きますョ

ふたを開けた瞬間にいい香り
ふわっとしていて 意外にもあっさりしております
スーパーのこってりプリプリなウナギとはやっぱり違う…
きちんと(笑)お魚!っていう味がします

食べ過ぎちゃぁいかんよ…などと心に留めていたはずなのに
1人前ぺろりと完食してしまいました。

なぜこちらのお店にしたかと言うと
あみ蔵、昔から行ってみたいお店でございました。

今から10年前
2001年発行の『札幌デザインレストラン』という1冊の本
DSCF2700.jpg

札幌のデザイン会社「アトリエテンマ」が手掛けた飲食店をまとめた本です。

当時 広告代理店で営業をしていたあみ蔵
毎日何軒も飲食店を回っていたのですが
なるほど、雰囲気の良いお店というのがある。
その多くがアトリエテンマデザインのものだと知ったのがこの本でした。

あみ蔵、建築にはまーったくの無知ですが
お洒落なお店は大好きでした。
そしてこの本の中でなんとなく印象に残ったお店のひとつが「うな明」でした。

当時、まだ20代前半
フリーターの走りみたいに軽い気持ちで就職→転職して痛い目に会い
ヒーヒー言っていた頃

なんとなーく憧れた“鰻屋さん”だったのでしょうなぁ
当時の自分には絶対に行くことが出来ないお店だったし。

そんな昔をふと思い出し
美味しいウナギを堪能させていただきました

ご馳走さまでした~

☆ うなぎ うな明 ☆
札幌市中央区北1条西27丁目
TEL 011-612-5777

スポンサーサイト
その他諸々Ⅱ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。