スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

3周年記念

2011/10/13 Thu 19:20

10月は、我ら夫婦が結婚した月。
今年は3周年でした

今年は友人夫妻のお店でゆっくりしようと相方さんからの提案。
ワインを持ちこませていただきました。
DSCF1983.jpg カリフォルニアの思い出です

保存状態はあまり良くないので
味は落ちてしまっていると思うけれど。
なんとか持ち帰った6本を、記念日ごとに開けて楽しんでいます。

これは、あみ蔵が大好きだった
カリフォルニアのブドウZINFANDEL-ジンファンデル-
ワインのことはわかりませぬが
けっきょく、その土地のワインをその土地で飲むのに勝るものはない と思うあみ蔵
カリフォルニア=ジンファンデル
懐かしい味です

この日の前菜は
帯広産の白インゲンを生ハムの出汁で煮たもの、
ブタのラードを熟成させたもの
手羽先を新玉ねぎと煮込んだもの
ツナ・きのこのブルスケッタ など  パスタは、鹿肉のラグーソースでした
DSCF1982.jpg DSCF1984.jpg
メインはスズキさん 美味しかったぁ
DSCF1985.jpg DSCF1989.jpg
デザートのティラミスには花火のサービス 
そして、相方さんからのプレゼント ケーキと花束です
DSCF1987.jpg DSCF1991.jpg

ロウソクは3
プレートには4年目もヨロシクと

花束は全部がピンクでした

去年の2周年記念も、花束はピンクでした
私にピンクの花束を贈るなんて、
きっとこの世の中で相方さんぐらいだろうなぁ… と思うほど
ピンクはちょっと照れ臭いし、イメージじゃないと思うのだけど

彼が思うあみ蔵(または結婚生活)は こんなに優しい色なのだろうか…
それとも… 願望っ

どちらにしても、もう少し優しくなろうと思う瞬間なのでした
(…っ これが作戦なのかっ

結婚するとき、迷いはなかったけれど
正直、一生分の愛情の約束なんてできないと言ったあみ蔵。
ただ、嘘で一緒に居ることはしない。
ある日終わる日が来たとしても
その日まで積み重ねる毎日に絶対に嘘はないと
ワケのわからないことを言いました。

そうして3年、
“明日のことはわからない”的スタンスを崩すことなく
日、一日の連続だった気がします。

なんていう妻…

思えば 3年の間、本当に自分は結婚生活をきちんと送れるのか
自分自身に問い、答えを探っていたのかもしれません。
そして、結婚=ずっと一緒にいること の約束にしてしまうと
色々なことがすぐに惰性になってしまうような気がして嫌だったのかもしれません。

それでも3年、毎日一緒に寝て起きてご飯を食べて。
本気で喧嘩をして 本音の話をして
毎日嘘のない自分で相方さんと過ごしてきました。

そんなあみ蔵にピンクの花束をくれる相方さんです。

DSCF1993.jpg ありがとう。

最近、ずっと一緒なんだろうなぁ…って
ようやく 自然に 思い始めたあみ蔵です。

4年目もよろしくです。
スポンサーサイト
その他諸々Ⅱ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。