スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

8月21日の畑

2011/08/23 Tue 20:45

お盆から雨の日が続いて、しばらく畑には行っていなかったのですが
ちょっとした晴れ間に様子を見に行くと…

DSCF0560.jpg こんなことに

あみ蔵が借りている畑の土地は粘土質の土でして。
水はけが悪く、雨が降ると泥の川が出来て土が流されていたりします

DSCF0561.jpg

それでも、7月24日に蒔いた種が芽を出していました
チンゲン菜と / わさび菜
DSCF0563.jpg DSCF0562.jpg
小松菜と / サラダキャベツ
DSCF0575.jpg DSCF0571.jpg

半ば諦めながら遅くに植えたナスも
DSCF0569.jpg なんとか成長しております。

この日もほとんど収穫は出来ず
お隣の畑の方に分けていただきこんな感じ
DSCF0583.jpg

ただ、少し早いかなーとは思いましたが
6月12日に苗を植えた 枝豆1番手を 待ち切れずに収穫致しましたぞ

ようやく茂ってきた畑です。
DSCF0584.jpg
こちらは畑の入り口での風景
DSCF0586.jpg

列車マニア?カメラマニア?な人が ときどきカメラを構えています。
知る人ぞ知る撮影スポットらしいですよ


スポンサーサイト
2011年の孫作 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ヨーコさん☆
ほんと。
それぞれの土地にクセがあって、毎年天候なんて思い通りにいかなくてv-292
昔の人はこういう中で、その土地に合った、または合わせた農業をしてきたんだなぁ…と思います。
当り前だけど、植えれば採れるってもんじゃないのよねv-356
農耕民族の意地をかけて、ぜひ豊作を(笑)!!
Village Garden
Villageの畑も粘土質なので種が流れてしまったり四苦八苦しています。
ようやく苗から育てたトマトが少し色付き始めたのですが・・・その他(ナス・モロヘイヤ・人参など)は気温が若干低いせいか育ちが悪く嘆いています。
インディアンサマーの暑さで一気に成長してくれるといいんだけれど。
私も早く収穫したいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。