スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ご飯もの2本

2011/04/25 Mon 18:01

どちらも、お腹が減ってくる映画

かもめ食堂
61uN2S.jpg フィンランドが舞台です。

ヘルシンキの街の一角で食堂を始めた主人公
メインディッシュはなぜか“おにぎり”
日本食の素朴な味わいは
きっとフィンランドの人々に受け入れられるはず!

そう信じて毎日お店に立つものの
ちっともお客さんはやってこない。

と、そこへやって来てなぜだかお店を手伝うことになる
ふたりの日本人女性。

ぽつりぽつりとやってくるお客さん。
いろんな人の人生が少しだけ交差する場所。

やがて食堂は…

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ 3人の女優がかもしだす
なんとも言えない雰囲気

最初、日本人3人が主役でフィンランドが舞台…
なんか変なの と思い、あえて手に取っていなかったのですが
ふと気が向きまして。

ところがところがっ
なかなか良い映画でした
こういう映画を観ると、どんな風に歳を重ねていこうかと
考えてみたり、楽しみになってみたり、元気が出たりしますね。

本当にこんな食堂 こんな風に海外で生活している日本人
居そうだなー なんて思う1本です。

と、思っていたら
映画に使われている食堂、フィンランドに実在するそうです

監督/脚本:荻上直子
原作:群ようこ
配給:日活
2006年/日本


お次は 南極料理人
51WIGvto.jpg 北海道出身の西村淳さんです。

こちらもなかなか でした

原作は読んでおりませぬが
著者の『お料理なんでも相談室』を読んでいたので
工夫料理レシピ的な映画かなぁ~と勝手に思っていたのですが
これまた想像と違って
南極観測隊の8人の男たちの1年を描いたほのぼの映画でした。

堺雅人、いい味出てるんです

監督・脚本:沖田修一
原作:西村淳
配給:東京テアトル
2009年/日本

スポンサーサイト
シネマでい | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。