スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Last Trip 3日目:BODIE

2013/08/26 Mon 16:06

3日目です

宿泊していたホテルはコチラ
ヨセミテを東へ抜けた Lee Vining という町にある Murphey's Motel です。
DSCF3622 (2) DSCF3573_20110412162732.jpg

行程上、今回の旅は立地ありき
リーバイニングの町で唯一予約することができた(空室)があったモーテルです。
お部屋もまずまずで $98.56 
アメリカは、“1室料金”ですから ひとり素泊まり5,000円。

ま、そんなもんでしょう。

***

さて。
この日は、まずは北へ Bodie という町を目指しました。
ここにある、ゴーストタウンを訪れるためです。

整備された広い道路を爽快に飛ばしていると… 急に狭い岩間に入り込みますが
そこで一瞬安全運転に気を取られていると
DSCF3647 (2) DSCF3780.jpg
ボディーへの入り口を見落としますのでご注意を

その後は 周囲に何もない未舗装の道路をひたすら
不安にかられるまで進んでいくと… そこがゴーストタウンです。
DSCF3594.jpg DSCF3700 (2)
ゲートのおじいさんにも何やら不思議の世界のオーラを感じます

ここボディーの町では
1859年、後にこの町の名前にもなった W.S.Bodey 氏によって
GOLD はい。 が発見されました。

時代はゴールドラッシュ
このボディーの町でも1億ドルもの金が発掘され
全盛期の人口は1万人にもなったそうです。

ただ、多くのならず者が集まったのもこの町。
「ボディから来た男」と言えば悪人の代名詞になったほど
強盗や発砲、殺人も日常茶飯事だったそうです。

DSCF3599.jpg DSCF3603.jpg

1930年代以降、町は衰退の一途をたどり
1960年代の初めにはとうとう無人化、
州立公園として保存(…といっても放置)されています。

雑貨店に 洋装店
DSCF3724.jpg DSCF3612.jpg
教会 普通の民家や消防所などもありました。
DSCF3606.jpg DSCF3737.jpg

夏は暑く、冬は1階部分が埋まってしまうほどの豪雪地帯
周囲にはなーんにもないこの地で
人々は何を願って金を掘り続けたのでしょう。

ここカリフォルニアには、ゴールドラッシュの時代に栄えたゴーストタウンが
今もところどころにあるんです。

…というよりやっぱり放置 されています。

さすがアメリカ
土地、あり過ぎです

☆ Murphey's Motel ☆
P.O. Box 57 (住所枝番はありませんよ) Lee Vining, CA
http://www.murpheysyosemite.com/

☆ Bodie State Historic Park ☆
P.O. Box 515, Bridgeport, CA
http://www.parks.ca.gov/?page_id=509
スポンサーサイト
Last Trip -Sep.2010- | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。