スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
8/30、空乃さんと桃ちゃんと3人
サンフランシスコにあるウォルト・ディズニー博物館へとお出かけ致しました

2009年に完成したばかりの新しい施設です。

Presidioというサンフラン市内でもまだ行ったことがないエリアだったので
一度行ってみたくて

移動は地下鉄-BART-とバス-MUNI-
Millbrae-ミルブレー-という駅まで行けば
なぜかMUNIへの乗り換えチケット(往復)が無料で発券されていました。
BLOG2223_20110116222616.jpg BLOG2224_20110116222615.jpg
時間的には長い道のりですが
ゴールデンゲートブリッジのすぐそばを通過する、なかなかGOODなコースです

そして到着したプレシディオ。
BLOG2227_20110116222614.jpg BLOG2226_20110116222614.jpg 

ここは、第二次世界大戦中には軍の土地として、各施設や病院などがあった場所です。
現在はオフィスや住宅が並んでいて
普通にサンフランシスコの一地域とというわけですが…

独特な閑静な空気が漂います
お店やスーパーはないようです。

よく整備されている花壇を発見しましたよ
ここには色々な野菜が(たぶん観賞用に)植えられておりまして
BLOG2228_20110116222613.jpg BLOG2229.jpg
あみ蔵、アーティチョークが生えているのを初めてみました

さて。
たどり着いたディスニーミュージアムですが、全館撮影禁止
写真がないと説明も伝わらないでしょうし…

説明省略

でも、かなり見応えのある施設でございまして
ディスニー好きな方でしたら、休憩時間も見込んで
1日がかりで行くことをおススメしますぞ

ウォルト・ディズニー(ウォルター・イライアス・ディズニー)の生まれ、
幼少時代、青年期、両親のこと。親元を離れて過ごすようになってからのこと

どうやってミッキーマウスが生まれたのか
そして、ディズニーランドの完成を待たずに終えてしまった彼の晩年まで。
まさに“ウォルト・ディズニーの人生のすべて”がここにあります。

その他は、ディスニーのキャラクターの展示や歴史
ディズニー社で使われている色(インク)についての説明など

などなど などなど

あり過ぎるんですよ

もちろん、加えて英語を読まねばならない労力が加わりますからね
けっこうな疲労感で施設を後に致しました

こっそりお手洗いだけパシャリ
BLOG2233_20110116222646.jpg BLOG2241_20110116230114.jpg
再入館用のスタンプもミッキーでしたよ

***

建物の外でランチタイムのとき
桃ちゃんが友達づくりにヨチヨチとGIRLSのもとへ…
BLOG2234_20110116222645.jpg BLOG2235_20110116222644.jpg
だけど、思いは通じなかったようで。。。

☆ The Walt Disney Family Museum ☆
http://disney.go.com/disneyatoz/familymuseum
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。