スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今後、自分のレパートリーにしたいレシピ №1
ルバーブのタルト。

教えてもらった後、すでに数回作っているのですが…

最初は、彼女に習って“適当に”作ってみたのです。
粉を量るのもカップでざっくり
生地を混ぜるのも手でざっくり
なんでもざっくり

でも…これじゃぁ上手に出来ませんのよっ

“なんとなく”が通用するのは、その国の人だけです。

日本人が、お米を研いで水を加え炊くときに
照り焼きチキンの焼き加減を説明するときに

“だいたいこんな感じ”って言いますけど・・・
外国人は、たいてい失敗しますね

それと同じことが、反対の立場になると起こるわけです

なので、あみ蔵作のルバーブのタルトは、初回は失敗。

次に、日本人らしくきちんと計量して
丁寧に注意深く作ったところ…
BLOG1978.jpg 大成功です

なので、簡単なレシピではあったけれど
日本人らしく、気持ち丁寧に作ることをおススメいたします

:ちなみに重しの豆を小豆で代用すると
BLOG1977.jpg 
豆が乾燥し過ぎて焦げてしまいますのでご注意を。

スポンサーサイト
美味し楽し CA | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。