スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

国境越えの理由

2010/08/19 Thu 17:05

今回、あみ蔵がどうしてもメキシコへと行ってみたかった理由。
それは単純に、アメリカで見る多くのメキシカン
“彼らの国を見てみたい”というものでした。

DSCF0903.jpg

アメリカ=メキシコの国境は、合法・違法を問わず世界で一番人の行き来が多い境。
そしてその両側における生活水準の差が、
不法入国を増加させる要因のひとつであることは明らかです。

現在、アメリカにおける農業や生産ライン等に就労している人口の
大部分は、メキシコからの不法入国者だと言われています。
彼らには彼らのコミュニティが存在し
例え不法入国であっても、米国に入りさえすれば仕事にありつけるというわけです。

そして、そんな彼らが居なければ
アメリカの産業が立ち行かなくなることは明らか。
そうして、黙認されているのです。

DSCF0888.jpg

アダルティのクラスメイトにも
「オレ不法入国
「20年前に不法入国したけれど、今はアメリカ人の奥さんが出来たから合法さっ
なんていうメキシカンは珍しくありませんでした

彼らが背負っているものや、密入国を決心した背景を思うと
何やら重く哀しいものが込み上げてきますが、
当の彼らはいたって陽気 とても温かく良い人たちばかりでした。

DSCF0875.jpg

カリフォルニアに住んで
多くのメキシカンに出会って。

なんだか、メキシコを見ずには帰れない気がしました。

DSCF0872.jpg

もちろん、あみ蔵が見たメキシコなんて
ほんの一端とも言えないほどに小さな小さな欠片。
そこに何を述べることも出来ないけれど。

例えば、好きな人の育った場所を見てみたい。
お友達の故郷ってどこかほっとする。。。
そんな気持ちに似ているのかもしれません。

あみ蔵がアメリカで出会ったメキシカン
毎朝、道端で仕事待ちをしている多くのメキシカン
そんな彼らの国を見てみたい、ただそれだけだったような気もします。

日本で生まれて育ったあみ蔵には、とても想像がつかない世界。
…と言うよりも、今まで 想像してみたこともない世界。

これからは時々
出会うことはない、あの国境を越える人々に思いを馳せるような気がします。

***

おまけ

写真は撮れなかったけれど。
国境付近のハイウェイには、親子連れが走っている絵の道路標識がありました。
不法入国者が飛び出して来るやもしれぬので注意、ということです。

非常に興味深いこの標識
調べてみると、どうやらこれらのグッズまで売られたほど人気が出たのだとか。

深刻な標識のはずだけど・・・
グッズがあるなら欲しい!と思ってしまった蔵でした。。。


スポンサーサイト
Los Angels -Aug.2010- | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。