スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

メキシコ国境を越える

2010/08/16 Mon 09:03

女旅3日目。
昨夜はこんなホテルに泊まっていました
DSCF0750.jpg なかなかなモーテル

一応サンディエゴのダウンタウンにありますので
観光には便利な立地
事前に電話で予約をしておりましたが、着いた瞬間は逃げようかと

ま、これもアメリカの旅ならでは。
ホテル支配人のインド系のご夫婦はとっても良い方でしたよ

さてさてこの日は、今回の旅の目的のひとつ
メキシコ国境越えの日です。

事前リサーチの結果、

現在 外務省からはメキシコへの渡航に際して初期レベルの注意喚起が出ていること
女3人のメキシコ初めて旅であること
誰もスペイン語を話せないこと などを踏まえて、

念のため HIS系列の現地ツアーに申し込みました。

モーテルの前までお迎えに来てくれます。
DSCF0751.jpg あとは車に乗って20~30分

車の渋滞が見えてきて… あっと言う間にボーダーです。
赤い電車は、前日に見ていたダウンタウンからのトロリー
後ろに見える茶色の建物が、国境施設です。
DSCF0753.jpg DSCF0761.jpg

じつはこの辺りから、ガイドさんに撮影 と言われておりまして。
感動の国境越えの瞬間などは残念ながら撮影出来ず…

混雑が激しいので、車はアメリカ側に置いて、徒歩でメキシコに入ります。
(と、いうよりも。そもそもメキシコへ入った途端に自動車保険は適用外となりますから
観光であれば徒歩で渡るのが賢明な様です。)

「こっちアメリカー
「こっちメキシコ―」と、国境をまたいでハイチーズと行きたかったのですが
やはり怪しい行動は慎むべき、ということで
ご迷惑もかけられませんからね、大人しくカメラをしまいました。

と、いうわけで これはもうメキシコ
DSCF0765.jpg DSCF0769.jpg

一応最後にも回転扉がありましたが、実際の国境もこんな感じ。
反回転はしないようになっている回転扉があるだけでした。

事前調べ通り、ノーチェックです。
あれれ???と言う間に国境を越えてしまいました。

こんなものかと多少ガッカリ
でも、確かに国境は越えたようです。

DSCF0770.jpg DSCF0773.jpg

標示はすべてスペイン語。
高層ビルもなければ、建物の造りは至って簡素。
上の右側の写真、これがオフィスビルだそうです(クリックすると大きくなります)

少しあるくと川が。
DSCF0782.jpg 昔はこの川が国境でした。

この川を泳いで不法入国を試みる輩が後を絶たなかったとか。

今ではずいぶん細い流れになっていて
川底だったであろう場所には国境警備隊がズラリ。

それでも、密入国を狙う輩は居りまして。
この川岸でぼんやりしている人は怪しいとのこと。

メキシコでは、アメリカへの密入国を助けるため
本人と一緒に逃げて警察の目を分散させる、
いわゆる“サクラ”を商売にしている人もいるのだとか

そんなガイドさんの話に感心しつつ、ティファナの町中へと歩きます
スポンサーサイト
Los Angels -Aug.2010- | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。