スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
18日金曜日。
朝のアダルティクラスも最終日です。

簡単なものだったけれど 修了証をいただいて
先生とお別れの挨拶でした。

DSCF6404.jpg

朝のクラスの先生は、少し年配の男性。
おしゃべりが好きで、よく授業を脱線していたので
授業内容自体に賛否両論は絶えなかったけれど
皆、先生が好きだった

先生が大切にしていたことのひとつに「国際交流」がありました。
この国(特に加州)で生きていく・生活するということは
すなわち「多国籍文化を理解する」ということです。

正しい発音やアメリカの文化を知ることと同じくらい
各国の訛りを聞き分けることや、他国の文化や問題を理解することが
求められている気がします。

先生は、そういう観点からもよくお話をしてくださいました。
そして何より、先生自身が他国の文化にとても興味を持っていらして
理解している様子が伝わってきました。

だからみんな先生が好きだったのかもしれません。
そしてその空気が、温かいクラスを作っていたような。

クラス終了後、数人のクラスメイトと一緒に
タイ料理屋さんへランチを食べに行きました。

BLOG6475_20100702044444.jpg タイ出身の人は居なかったけれど

日本・メキシコ・ドイツ・ブラジル・エリトリア
中国にフランス、アルゼンチン・エチオピア、スペイン出身が揃いまして

みーんなで最後に話したことは
このクラスは特別だったこと。

「皆のことを思い浮かべるとき、それは“クラスメイト”ではなくて
“友達”としてなんだ。」って。

現実には、残念ながらもう会うことが出来ない人もたくさん居るけれど。
あみ蔵にはそんな“友達”が出来ました。

ありがとう
スポンサーサイト
アダルトスクール CA | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。