スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Malcolm X Day

2010/05/18 Tue 09:55

本日(5/17)は Malcolm X Day です。
あみ蔵のアダルティはお休み。
でも、記載されていないカレンダーもありますし、相方さんも普通にお仕事。
世の中多くの学校も通常通りのようですが…。
BLOG4641_20100518095225.jpg BLOG4640_20100518095226.jpg
Malcolm X-マルコム エックス-は、
1925年5月19日 ネブラスカ州の牧師の家庭に生まれました。

当時の人種差別は非常に激しく
多くの黒人の人々は白人に媚びて仕事を分け与えてもらう時代でした。

しかし彼の父は、アメリカでもっとも宗教人口が多いプロテスタントのバプテスト派に対して
非常に反体制的な牧師であり、ほぼ自宅敷地内で自給自足の生活を送るなど
閉鎖的な暮らしで白人との交わりを絶っていたそうです。

KKK(白人至上主義団体)からも標的にされていた彼の父は
ある日、人種差別主義者によって残虐な殺され方をされたにも関わらず
その扱いは「自殺」とされ、保険金も受け取ることが出来ずに
一家は離散。

マルコムは上流白人家庭に引き取られるものの
当時 その階級の間では「慈善事業を装って」黒人の子を引き取ることが
流行していた…というので、決して幸せな生活ではなかったことが分かります。

その後、荒んでいくマルコム。
麻薬、売春、強盗…

1/4、彼には白人の血が流れていたため
黒人社会からも外されてしまう…ということもあったそうです。

そしてとうとう強盗の罪で逮捕。
この時も、通常だと2年ほどの刑であったにも関わらず
彼に下された判決は8~10年。

しかし、この服役中に 彼に転機が訪れるのです。

彼は獄中で イライジャ・ムハンマドに出会い、その教えを学び
イスラム教に改宗したのです。

(イライジャ・ムハンマドとは、ネーション・オブ・イスラムの布教者。
ネーション・オブ・イスラムとは
アメリカ合衆国におけるアフリカ系アメリカ人のイスラム運動組織のことで
伝統的なイスラム教徒は、教義が異なるそうです。)

後に、マルコムはネーション・オブ・イスラムのスポークスマンとして
活動しますが、さらにその後、イライジャとの関係は悪化することになります。

マルコムの人生の中で最も有名なエピソード。
それは、彼が獄中に居るときに
独学で、読み書きの勉強をしたというものです。

幼いときに十分な教育を受けられなかったマルコムは
知らない単語が多く、まともに読み書きが出来なかったそうです。

服役中に彼は百科事典を片っ端からノートに書き取り、暗記し、
そうして豊富なボキャボラリーと巧みな言葉遣いを身に付けたのです。

A to Z 片っ端からですよっ!!

釈放後、彼は黒人解放指導者として活動を広げたものの
前述のイライジャとの関係は悪化、正統イスラム教徒へと転向しています。

そして「アフリカ系アメリカ人統一機構」を組織したものの
1965年2月21日、暗殺されたのです。

マルコムXは、非暴力的的な指導者だったキング牧師とは対照的に、
アメリカで最も攻撃的な黒人解放指導者とされているそうです。


これもまたたった数十年前の出来事です。

マルコムを暗殺した犯人のひとりは今年の4月に仮釈放されています。

ほんの1カ月前!!

この国の人種差別問題は、もちろん今も残っているけれど。
想像もつかない酷い差別が、殺人が、ほんの数十年前まで
溢れていたのですね。

あみ蔵が出来ることは何もありません。
もちろん、語れることもあるはずがありません。

ただ、平和な生活を送ることが出来ていること。
先人の悲しい悲しい過去の上に今があるのだということに
心の中で感謝しなければいけないと思うのです。
スポンサーサイト
行事ごと・季節もの CA | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。