スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日、韓国人のアダルティのクラスメイトが
韓国料理のチャプチェの作り方を教えてくれることに
(チャプチェ:韓国風春雨のことです。)

あみ蔵、チャプチェ大好きです

まずは一緒にお買い物へ 韓国の春雨を教えてもらいます。
BLOG2719.jpg BLOG2718.jpg
上の写真の左側の2つが、韓国でメジャーなメーカー。
右の女の子のマークは、韓国食材を作っているアメリカの会社なのだそうです。

日本の春雨は、緑豆やじゃがいものでんぷんから作られるようですが
韓国の春雨は、さつまいもから作られます

さて作り方。

1、まず細切りにした牛肉に下味をつけます。
BLOG2725.jpg BLOG2728.jpg

お酒、お砂糖、お醤油、こしょう、ごま油。
目分量でした

2、野菜類も細切り(長さを合わせて)にします。
BLOG2729.jpg BLOG2727.jpg

この日使ったのは、パプリカ、ズッキーニ、玉ねぎ、マッシュルーム、えのき、エリンギ

※エリンギは、一度茹でて水気を絞り
BLOG2731.jpg 塩、こしょう、ごま油で下味をつけます。

3、その間に、春雨を軟らかくなるまで茹でておきます。
BLOG2730.jpg BLOG2732.jpg
春雨を茹で上げたら
BLOG2733.jpg お醤油、お砂糖、ごま油で

下味をつけつつ、麺が絡まないようにしておきます。

4、あとはじゃんじゃん野菜を炒め、各々塩こしょうで調味していきます。
BLOG2737.jpg BLOG2740.jpg

ここでポイント。
お野菜は、ひとつひとつ別々に炒めていきます。

ちょうど、日本のうま煮の様でしょうか。
面倒くさいとちゃちゃっと全部一緒に煮てしまうけれど
本当はひとつひとつ下茹でしていって、最後に合わせますよね。

5、荒熱が取れたら、炒めた際の汁も一緒に
 3の春雨と混ぜ合わせていきます。


6、(洗い物の効率を考えて、)最後に1のお肉を炒めます。
BLOG2741.jpg BLOG2742.jpg

奥さまたちの楽しいひととときでございます
BLOG2739.jpg

7、各々の下準備が終わったら、最後に全部を合わせて最終調味をします。
BLOG2743.jpg BLOG2744.jpg

加えるものは、お醤油・お砂糖・ごま油。

教えていただいてみると、思っていたよりもずーっと手間のかかったお料理でした。
それもそのはず

チャプチェはもともと、来客やお祝いの席で
皆に振舞うための食事だったとか。

使うお野菜はもちろんお好みでOKですが
伝統的な韓国料理は、青、赤、黄、白、黒 の5色を揃えるのがお約束だそうです。
BLOG2747.jpg BLOG2746.jpg

帰国後、皆さまに振舞えるお料理がひとつ増えましたぞ
スポンサーサイト
美味し楽し CA | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ヨーコさん☆
すっかりお返事が遅れましたv-356スミマセン。
チャプチェ、美味しいですよね~
あんなに油を使うなんて知らなかったので
結構高カロリー・・・???と思ってしまいましたが
韓国の人はよく食べるのに皆スラリ美人なので、
韓国料理はもっともっと習いたいところです。
私も作ります!
私は「韓国にワーホリに行っていた日本の友達」から
チャプチェの作り方を教わりました。
簡単な手順なのに、全部を別々に炒める・・・というの若干面倒・・・なんて
思いながらも、好きなので時々都内のコリアンタウンまでチャプチェ麺を
買いに行ってしまいますe-257
私もあみ蔵さんのように色々な国の友達ができるといいな~e-266

*まだまだ正式版ではありませんが、私もブログを書き始めてみました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。