スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
最後に立ち寄ったRobert Mondavi Winery-ロバート・モンダビ・ワイナリー-

ここのワイナリーには、色々な彫像が点在しておりまして
小さな野外美術館のようでもありました

BLOG9904.jpg BLOG9917.jpg
BLOG9916.jpg BLOG9915.jpg

そして、(ちょっとわかりにくいのですが)シャトーの入り口にあった
両手を広げた人物の像。
BLOG9914.jpg BLOG9900.jpg

テイスティングしたワインのラベルにも描かれていて
どうやらここのシンボルのようなのだけど

これと似た像を、あみ蔵 サンフランのグレース大聖堂で見たのを覚えています
BLOG4337.jpg

教会にあった像が、どうしてここにもあるのか?
何かキリスト教の特別なシンボルなのか・・・?

不思議に思ってワイナリーの人に尋ねてみると

これは、St.Francis(アッシジのフランシスコ)の像であり
作者はBeniamino Bufano-ブファノ-という人物だという。

St.Francis(アッシジのフランシスコ):
 フランシスコ会(カトリックの教会の修道会)を創立した人物で、
 サンフランシスコの街の名は、彼にちなんでつけられました。

Beniamino Bufano-ブファノ-:
 サンフランシスコにて制作活動を続け、
 聖フランシスの彫像を好んで制作していた芸術家です。



あの、グレース大聖堂の像も、BUFANOが作ったもので
ワイナリー内に点在している像も、一角にある作品も
すべてBufanoの作品であるとのことでした。

そして、そのSt.Francis像が印刷されたラベルのワインは
ワイナリーだけで取り扱っている限定もののようですね。

※半分くらいしか聞き取れなかったので、
あみ蔵(ネット)調べも合わせて解説しております。


グレース大聖堂へ行ったとき
何故だかあの像が忘れられませんでした。

優しそうな、哀しそうな、でも温かな。不思議な魅力。

あみ蔵、芸術には(も)とんと疎いのですが
ここカリフォルニアの地で、ふと魅かれた像と作家が
どちらもサンフランシスコに縁が深い人物だったなんて。

やっぱりあみ蔵はサンフラン(とその周辺)が好きです
スポンサーサイト
おでかけ☆おでかけ CA | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
三十路オンナさん☆
> > サンフランシスコの街の名は、彼にちなんでつけられました。
> ↑アッシジは知っていましたが、

じつは私も知らなかったんです。
何でも、少し掘り下げてみると面白いですよね~v-290
こんにちは!

ナパにいかれたのですね!!!

本当に素敵なワイナリーですね♪

ワインだけでなく、彫像も楽しめるところで
とっても素敵です♪

>フランシスコ会(カトリックの教会の修道会)を創立した人物で、
> サンフランシスコの街の名は、彼にちなんでつけられました。
↑アッシジは知っていましたが、
サンフランシスコの町の名前が彼からきてるとはしりませんでした!!!
とっても勉強になりました!

ありがとうございます!!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。