スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2軒目に訪れたのはこちら。
RUBICON ESTATE-ルビコン・エステート- 
2006年、
NIEBAUM COPPOLA WINERY-二バウム・コッポラ・ワイナリー-から
現在の名前に変更されています。
BLOG9899.jpg BLOG9878.jpg
そう 
ここはあの映画監督フランシス・フォード・コッポラが所有するワイナリーなのです
BLOG9877.jpg BLOG9881.jpg

前庭に噴水がある美しいシャトーも有名ですがこの木もここのシンボル
レモンとオレンジがひとつの木に生っています
BLOG9879.jpg BLOG9880.jpg
なんとも瑞々しい光景ですな

ここのワイナリー
元々はオランダ人、グスタボ・ニーボムによって作られたワイナリーで
ナパ最古のワイナリーと言っても過言ではない歴史を持っています。

当時から非常に高品質なワインとして評価を得ていたものの
ワイナリーの経営は立ち行かなくなり、売りに出されてしまいました。

1976年、ここに別荘地を探していたコッポラがニーボムの屋敷とその周辺の畑を購入。
コッポラによるワイナリー再生の道を辿って現在に至っています。

シャトーの中へ入ると左手にワイン倉庫。
そしてそこを抜けたところには喫茶コーナーがありました。
BLOG9884.jpg BLOG9883.jpg
葉巻が似合う、お洒落なカフェでしたよ

広く重厚な造りのシャトーの一部には、博物館スペースが
BLOG9885.jpg BLOG9887.jpg
BLOG9886.jpg 生オスカーです

その他、昔の映写機やその歴史を示す資料がたくさん
BLOG9888.jpg BLOG9889.jpg
かわいいです
BLOG9890.jpg BLOG9891.jpg

テイスティングルームもなんとも素敵
BLOG9892.jpg ギフト品も質が良い感じ。

娘であり映画監督のソフィアコッポラの名がつけられたワインもありました。
BLOG9896.jpg BLOG9897.jpg

ちょうどあみ蔵達が訪れたときは
プチワイン講座(?)のようなものも行われておりました。

建物も贅沢。資料スペースも興味深い。
訪れるだけでも楽しめそうなワイナリーでございます。

ワイナリー名ともなっているルビコンワイン(ボルドー)が目玉ワインだそうです

ちなみに、RUBICONとは、
英語で「背水の陣」を表す「THE CROSSING OF THE RUBICON」(ルビコン川を渡る)」
にちなんで名づけらているそうです。

☆ RUBICON ESTATE ☆
 1991 St Helena Hwy, Oakville, CA

 http://www.rubiconestate.com/
スポンサーサイト
おでかけ☆おでかけ CA | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
rika3377さん☆
私は、海外生活初めてなので、どこもかしこも感動の連続です。
生オスカーなんて!コッポラなんて!!と、それだけでテンション上がっちゃいますがv-356ワインもとても美味しかったですし、シャトー全体が古城のようでとても美しかったです。
ぜひセキュリティーをクリアして(笑)いらしてください。
うわ~、コッポラさんのワイナリ~!
すてき~!!
カリフォルニア行きたくなってしまいました!
でも、最近アメリカ行くの面倒なんですよね~、セキュリティチェックとか厳しいし・・・

でも行きたい~!!
カルフォルニアワインのワイナリー巡りしたいです~!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。