スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Lincoln’s Birthday

2010/02/13 Sat 12:02

本日(2/12)、こちらは アメリカ第16代大統領リンカーンの誕生日
Lincoln’s Birthdayということで公的祝日です。

…と言っても、けっこう普通に動いている会社も多いようで
相方さんも通常通り働きに出かけました。

アダルトスクールでは、祝日や行事についても授業で触れてくれます。
昨日の授業資料はこれ。
BLOG7235_20100213040531.jpg Abraham Lincolnです。

エイブラハム・リンカーン

1809年2月12日生まれ。
貧しい農民の両親の元に生まれたエイブは、幼いときから読書を愛する少年でした。
22歳のとき、エイブは両親の元を離れ イリノイ州の雑貨屋で働き始めます。

背が高く引き締まった肉体。彼がレスラーの選手であったというのは
意外なエピソードです。

正直者で、正直エイブ(Honest Abe)と呼ばれていた彼ですが
皆から評判の話術の持ち主でもあったのです。

※息抜きに。
枝先にしばし留まっていた小鳥 / フェンスの上のニャンコをからかうワンコ
BLOG3130_20100213040534.jpg BLOG3322_20100213040533.jpg

1834年、エイブ25歳のとき。
イリノイ州の下級議員(地方議員:legislature)に当選し、法律の勉強を始め、1837年にはアメリカの法曹界へ。
イリノイ州の下級議員を4期連続務める傍ら 法律事務所を開業し、弁護士としても活躍しています。

この法律の勉強が彼の大統領への道を大きく後押ししたことになるのですね。

そして1846年、リンカーンは下院議員(国会議員のようなもの:congress)に当選し
1860年、第16代大統領の地位へと上り詰めたのです。

大統領当選後は、有名な「奴隷解放の父」としての物語が始まるわけですが。

アメリカ合衆国のうち、
奴隷制度に反対の北部23州と奴隷制存続を主張するアメリカ南部11州による
アメリカ史上最大の内戦-civil war- 南北戦争。
両軍合わせて62万人という、アメリカの戦史上最悪の死者数が出たことや
その規模からも The Civil War と固有名詞のようになっています。

※また息抜き
こんな曇りの日もあれば / ほんのり夕焼けにも出会います。
BLOG2542.jpg BLOG6809_20100213040532.jpg

奴隷制度廃止、解放についてはあまりにも難しすぎて
無知なあみ蔵が語れることではないので深くは触れませぬが。

リンカーンという人は本来奴隷解放論者ではなく。

当時欧州との間に深刻化していた工業製品の輸出入競争から
保護貿易を求めた北部と、自由貿易を求めた南部との対立が発端となり、
それに奴隷問題が大きく関わっていたのだということは事実のようです。

そして、そのいわゆる経済問題において
リンカーンは頑なに自己の主張を通し、それが南北戦争の引き金となったわけですね。

うーん、
マーティン・ルーサー・キング、ジュニアの方がずっと人格者だよね、

などと、単純なあみ蔵は思ってしまうのですが。

しかし彼が現在のアメリカへと続く歴史の大きなターニングポイントを作ったということは
紛れのない事実です。

今日はアダルトスクールもお休みなので 久々のんびりできているあみ蔵です
スポンサーサイト
行事ごと・季節もの CA | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。