スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Golden Gate Bridge☆San Francisco

2009/11/20 Fri 11:13

先週末、やす吉さんお誕生日記念ということで
“ゴールデンゲートブリッジ越え”にお出かけ103系

目指すはあの橋 / レンタサイクル($7/時間)でダッシュ
BLOG1025.jpg BLOG1026.jpg
道のりは、人々の憩いの場となっていました / 橋と国旗とカイト
DSCF2621.jpg BLOG1027.jpg
橋を背にBBQ / サンフラン中心部を背にキャッチボール
BLOG1029.jpg BLOG1030.jpg

贅沢ですなぁ~kao06

本当に美しい景色ですkao03
BLOG1028.jpg
そして 橋のたもとまで到着ぴーす / 橋の下をくぐり・・・
BLOG1031.jpg BLOG1032.jpg
ものすごい車の通行量ですが / 我らはこの道を漕ぐのみっ
BLOG1033.jpg BLOG1036.jpg
太平洋を左手に /爽快ですBrilliant.
BLOG1038.jpg DSCF2623.jpg
5分ほどで真ん中到着
BLOG1039.jpg じつはこの橋、つり橋なんです指
固定されていないので / 風が吹いては揺れています。
BLOG1040.jpg BLOG1041.jpg
大きすぎて、橋の上では感じませんが。
BLOG1042.jpg
 
1930年、住民たちの強い希望から 住民投票を経て橋の建設が決定されました。

当時の大恐慌の最中、西部最大の銀行バンク・オブ・アメリカが一手に公債発行を引き受け
建設費用は、国でも州でもなく サンフランシスコ住民によっても捻出されたのです。

しかし海流の速さに加えて強風と霧。
この海峡に橋をかけるのは不可能だと言われたそうです。

そこへ名乗りを挙げたのがジョセフ・パーマン・ストラウス。
世界中に400以上の大鉄橋を設計した彼の夢の集大成となったのがこの橋
ゴールデン・ゲート・ブリッジです。

危険な作業に 多額の安全対策と複数名の犠牲者、4年の歳月をかけて橋は完成。

そしてその1年後、技術報告書にサインを終えたジョセフは、その直後に生涯を終えたそうです。

あみ蔵、ガイドブックで初めてそのことを知りましたがemoji14
ぐっと感動致しました。emoji13

さて橋を渡り切るとマリンヘッドランドという巨大な丘!!
DSCF2624.jpg

やす吉さん&あみ蔵はここで時間切れと同時に体力切れでしたが・・・がっくり

反対からサンフラン中心部を望み・・・ / あの日の三角タワーも遠くにびっくり
BLOG1043.jpg DSCF26255.jpg
やす吉さ~ん
BLOG10444.jpg 気分は最高ナイスだね~キラキラ

ちょうど夕暮れどきとなり・・・
BLOG1046.jpg うっとりな復路となりました。

今度はも少しがんばって向こう街へも行ってみたいねkao02
BLOG1035.jpg BLOG1034.jpg
スポンサーサイト
おでかけ☆おでかけ CA | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。