スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
さぁいよいよ Chez Panisse(シェ・パニーズ)でのディナータイムです

まずは美味しいパンとローストアーモンド
DSCF3085.jpg ワインも注文致しました

ワインについては
お店の方にお任せしてグラスワインを注文しました。

まずは白で 2009 Jeanne D'arc, The Folk Machine, California
フォーク・マシーンのジャンヌダルク、白のブレンドです。

このワイン、かーなーり美味しい
その後ネットで調べてみましたが、どうも入手困難な様子…

さて。この日のメニューは
メインがお魚料理でひとり基本60ドル。

最初のプレートは
Purslane(スベリヒユ)のサラダ、ローストしたカラーピーマン
プロシュートと tapenade(タプナード)のトースト

DSCF3091 (2)

Purslane(スベリヒユ):なんとオメガ3やビタミンA,C,E が豊富だとか
tapenade(タプナード):
 フランスのプロヴァンス地方のもので
 黒オリーブ・アンチョビー・オリーブオイルを混ぜ合わせたペーストのこと。

そして2皿目がメイン
サーモンの pistou(ピストゥ)~キングサーモンと夏野菜で~

DSCF3093 (2)

pistou(ピストゥ):これまたプロヴァンス地方のお料理のようで。

pistou とはフランス語でバジルの名前のひとつ。
さいの目に切った野菜のスープにバジルを加えるのが一般のようです。
この日はバジルペーストになっていました。

この2皿目がものすごいボリューミー
美味しいのでペロリでしたけど
日本だったらこれでふたり分だよねぇ…という大きな切り身でございました。

ここでワインは2杯目に。
再びお店の方にお任せして
ロゼの 2009 Bandol Rose, Domaine Tempier, France
バンドール ロゼ ドメーヌ・タンピエを。 楽天によると、世界一のロゼとか

このワインも、とても美味しかったです

3皿目はデザート
この日は、ちょうど旬 fig(いちじく)のガレットとアイスクリーム

DSCF3109.jpg DSCF3347.jpg

これが激旨
本当に美味しかった

おかわりしたかったくらい
甘過ぎず、ほどよく生のままで乗っているいちじくがもう美味しいったら

そして、プチデザートとコーヒーで締めくくりです。

DSCF3121 (2) 

この日のメニュー紙にもイチジクの絵が描いてありまして
「こんな風に生でイチジクが食べられるんですね」
「私が住む地域では、イチジクの木は見られないんですよ」と話すと

生の実と、葉をくれました

DSCF3117 (2) DSCF3119 (2)

その後、オープンキッチンになっている厨房を見学させていただいて

DSCF3353.jpg DSCF3358.jpg
DSCF3349.jpg 楽しい時間の終わりです

あ~お腹いっぱい 幸せです

お店の感想と致しましては
美味しい けど 普通…

なぜかというと

1、やはりメインプレートの量が多過ぎて、ちょっぴり高級感に欠ける。
  日本の感覚だと、量を半分にしてもう1品いただきたいところ。
2、味は、やはりざっくりとしたお味かな。
  素材の味というと良いけれど、もう少し繊細さが欲しいかなぁ。

なぜなら
 
3、だってやっぱり高いんだもんっ
  この日、ふたりで222ドル(チップ、税金、ワイン2杯ずつ含む)
  日本でひとり1万円コースと考えると…特別素晴らしいわけではないかなぁ。。。

というのが正直な感想(相方さんごめんっ

ただ、お店の方の対応やもてなしは、とってもGOOD
アットホームな雰囲気の中にも洗練されたものを感じ
心地良い時間を過ごすことが出来ます。

確かに、ここがアメリカであることを踏まえると
なかなか巡り合えない“きちんとしたレストラン”ですが
あぁやっぱり日本って贅沢な国なんだなぁ…と思ってしまう。

そんな感想でございました。

☆ Chez Panisse Restaurant and Café ☆
1517 Shattuck Avenue, Berkeley, CA

http://www.chezpanisse.com/
※ネットから予約が出来ます。
スポンサーサイト
美味し楽し CA | コメント(2) | トラックバック(0)
ここバークレーには、
“カリフォルニア料理発祥の地”である「Chez Panisse(シェ・パニーズ)」という
有名レストランがあります

世界的にも有名な
Alice Waters(アリス・ウォーター)という女性が創業したレストラン。
地産地消を基本としたシンプルな調理法でいただくカリフォルニア料理の
産みの親です。

アリス・ウォーター氏のレシピ本はなんだかとても有名だそうですよ
…と、いうのもあみ蔵はぜーんぜん知りませんで
ただ確かに、ここバークレー界隈の人気店のオーナーやシェフは、
「シェパニーズ出身の○○という人…」ということが多いようです。

それで、このシェ・パニーズ。
ディナーメニューは、予め決められた1コースのみ。
お値段は曜日(メニュー)によって違います。
なのに1ヶ月先までは予約でいっぱいという相乗効果?で
皆が一度は行きたい憧れのお店というわけです。
(この変じゃぁ高級レストランですしね。)

ある日、日本人の奥さま同士でのおしゃべりのときに
このレストランの話になりまして。

あるおうちの旦那さまが
奥さまのお誕生日にサプライズで予約をしてくれていたとか

また、こちらのご夫婦は、すでにふたりでレストランへ行っていて
奥さまのお誕生日には例の分厚いレシピ本をプレゼントしてくれたとか

まぁ素敵
ロマンチックぅ~ と、
そんな話でお茶会は盛り上がり
あららあみ蔵もすっかり帰国前に一度は行きたいシェ・パニーズ
なっていたわけです。

さて。
よそのお宅の話を引き合いに出すというのは
あまり良いことではないと思うのですが、ときに非常に効果的でして

世の男性というものは、
やはり他の男性を褒められると面白くないのか、
それともそうでもされないとその気にならないのか、

あみ蔵からよその旦那さまの話を聞かされた相方さん
帰国準備の忙しい最中にこそこそとソパソコンを抱えておりまして
「いい加減手伝えやぁ」とあみ蔵がキレる寸前(いや、すでにキレてたか

「予約取れたよぉとなんともドヤ顔しているではありませんか

…ということで、
あぁ何もかもが片付かないと焦りまくっていた
アパート退去日の前夜。
散らかった家を放って Chez Panisse へとお出かけすることになりました

DSCF3076 (2) キャンセルが出たようですね。

でもけっきょく、
もーちょっと早く予約してくれたら良かったのにさー
文句をつけられた相方さんです。

ま、決してスマートには行かないのが我が家なんですけど。

ーつづくー


美味し楽し CA | コメント(0) | トラックバック(0)

こちらもお別れ会

2010/09/25 Sat 20:28

この日は、相方さんのお仕事のパートナーだった韓国人の方が
食事に誘ってくださいました

選んでくれたお店は
家からも近い solano avenue にある
China Village
DSCF3320.jpg 四川料理のお店です

いや~ ここっ
もっと早く知りたかったー というより、
気にはなってたけど行ってなかったんですよね…

悔やまれる…

だって

めちゃめちゃ美味しかった
DSCF3312.jpg DSCF3314.jpg
DSCF3318.jpg DSCF3311.jpg

メニューで辛い(唐辛子)マークがついているものは
もれなくスペシャル辛かったけれど
(今思い出してもつば出てきちゃう…)

深くて美味しい辛さなので問題なしっ
むしろお腹はち切れるまでお箸が止まりませんでした

こういう本格中華って、
日本では(特に札幌では)なかなか食べられないもんなぁ


さて。
相方さんのお仕事パートナーでいらした韓国人のご主人。
3月に愛娘が生まれたばかりで幸せそうでございました

歳が近いこともあってか
すっかり気が合った…というわけには行かなかったようですが
こうして1年お世話になって
最後に一緒に食事が出来て
もらったものはたくさんあるはずだよね、相方さん。

DSCF3321.jpg やはり出会いに感謝です

☆ China Village ☆
1335 Solano Ave. Albany, CA 94706
http://chinavillagesolano.co
美味し楽し CA | コメント(0) | トラックバック(0)

Fare Well Party for me

2010/09/24 Fri 17:56

あと数日でバークレーを発つという 9/10。
小規模なムービングセールをしつつ
お友達と最後のお別れに

fare Well パーティーを我が家でしていただきました

細々した食器やら雑貨を
お友達に買ってもらって

その後は最後の pot luck (持ち寄り)パーティー

じゃんっ
3253.jpg 3255.jpg

アメリカ生活で何が楽しかったかって…これですよ、これ
一度に各国料理が味わえて
そりゃ楽しいの美味しいのって

DSCF3257.jpg 大好きな時間でした

あみ蔵が滞在した11ケ月の間にも
新たにやってきたお友達や
帰国してしまったお友達が居て 入れ替わり立ち替わり。
今度はあみ蔵の番となりました。

長い人生の中でのほんの数カ月だけれど
一緒に過ごした時間があること。

本当に人生の宝物です。

3258.jpg

世界のあちこちで
親愛なる友人とその家族、友人、大切なひとたちが
どうか幸せでありますように。

ありがとう

美味し楽し CA | コメント(0) | トラックバック(0)

Birthday Lunch

2010/09/12 Sun 10:02

ある日、ブラジル人のお友達からお誕生日ランチのお誘いがありました

そういえば、子どもの頃はお母さんが用意をしてくれて
お誕生会、やりましたねー

日本では、大人になると自分でパーティーを開くのは有名人くらいで
お誕生日なんて、プレゼントをくれる人が居なければ
普通の日…てな感じかも

しかーし
海外のガールズ達は、日本の女の子よりもうんと大人っぽい反面
少女の気持ちもずーっと忘れないんですよ

自分のお誕生日にはお料理を作ってお友達をご招待。
小さくってもパーティーです

この日(9/2)は仲良しのお友達が集まりました。
まずはみんなからのプレゼント
BLOG2470.jpg
中身は…

ここはバークレー
やはりUCバークレーのオリジナルTシャツと、寄せ書きカード
BLOG2471.jpg BLOG2472_20110120105639.jpg

お料理は彼女が用意してくれて
ケーキはフランス人の彼女からの手作りプレゼント
BLOG2473.jpg 

ろうそくを吹き消すのは万国共通ですね

こちらはブラジルのお祝い事の際に食べると言う
スイーツボール 
BLOG2474_20110120105638.jpg めちゃめちゃ甘いっ

でも、これがコーヒーに合うんですよ
さすがブラジル

DSCF2358.jpg 少女に帰るひとときです


今年の誕生日は、あみ蔵も自分パーティーしちゃおっかな
美味し楽し CA | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。